西脇情報未来館21 本文へジャンプ
ホーム お知らせ 播州織シャツ 館内のご案内 当館の地図 お問い合わせ

お知らせ

お知らせ

2015年04月02日

スーパー・クールビズ2015 半袖シャツ発売!

暑い夏!!肌ざわりのいい播州織で涼やかにオシャレをしませんか!

SPcoolbiz.jpg
Download file


サイズ表=Download file
発注書=Download file

※ 発注書をダウンロードし、FAX(0795−25−0077) 
              又は Meil(tmo@hesocci.or.jp) にてご注文ください

【広報部より】

播州織産地が新提案する今年のスーパー・クールビズのシャツが
発表されました。
4月発行のトモニュース29号やチラシで
詳しく紹介されていますのでご紹介します。

トモニュース29号 表面=Download file

取材では、西脇商工会議所の時政さん、
織布職人の藤本定良さん、
ファッションデザイナーの大塚美智子さん(ブランド「niki*」)に
それぞれお話をお伺いしましたが、みなさん口を揃えておっしゃるのが、
播州織のプロも今まで見たことないという織柄の大きさ。
ひと柄が2.3メートルもあるんです。
織機のコンピュータで扱える、ほぼ最大規模の柄だそうです。

tmonews_coolbiz01.jpg

この織柄、ただ単に大きいというだけではなく、
大変緻密に計算されています。
といいますのも、ひと柄分の布でシャツが1枚作れるようになっており、
前身頃、袖、襟など、それぞれのパーツを、
どの柄の部分からとるかすべて計算されています。
そのため、生地の織り目が少しでもよれてしまったらいけないし、
柄の幅を1か所でも間違えるとロスが大きくなるし、ということで、
相当に神経を使って織り上げられ、加工され、検反されたようです。

tmonews_coolbiz03.jpg

どうせ作るなら、とことん妥協せずに、夢のあるもんを作ろう!
と、糸にもこだわられています。
高級な細番手の双糸(そうし=2本の糸を撚って1本にしている糸)を
経糸にも緯糸にも使い(どちらかにしか使わないのが一般的)
しかも、専用の色でイチから染めたものだそうです。

今回、ブルー系とベージュ系の2パターンの色を展開されています。
ブルー系は、涼しげな印象があるクールビズの定番カラー。
ベージュ系は、デザイナーの大塚さんが
ぜひとも男性に着てほしい色として新しく提案された色で、
ベージュっぽい優しいイエローと、青磁色のような薄い緑色の組み合わせ。
ブルー系もベージュ系も、やさしくて落ち着きの漂う絶妙な色味なので
おしゃれでいて仕事にも着ていけそうです。

それから、実際に生地を見せていただいて感激したのが
肌ざわりの良さです。
細番手の双糸を贅沢に使っているからこそのもので、
軽くてなめらか、さらっとしています。
蒸し暑い夏、汗をかいたときには、その肌ざわりの良さが
しみじみ実感できるのではないかなあ〜と思いました。

商品化は6月頃の予定。
ご自分へのご褒美に、または父の日のプレゼントなどにもいいですね。
M・L・LLの3サイズ展開です。ぜひともご検討ください。
注文受付がスタートしました。上記の発注書をダウンロードして
必要事項をご記入のうえ、FAXかメールでご注文ください。
(詳しくは上記参照ください)

tmonews_coolbiz02.jpg

「お知らせ」ホームに戻る

このページのトップへ

このサイトについて | サイトマップ
西脇情報未来館21