本文へジャンプ
外観写真 国登録有形文化財 旧来住家住宅
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ

旧来住家住宅からのお知らせ

2019年10月02日

小林明美「えんぴつフェイス画展」/増田節子「陶彫・うつわ展」

2019年10月2日(水)〜14日(月)

多可町箸荷地区で活動されている画家の小林明美さんと陶芸家の増田節子さんが毎年同時開催されている作品展が今年もやってきました! 小林さんは母屋ギャラリーで、増田さんは蔵ギャラリーです。

misKobayashi.jpg

小林さんといえば、この緻密な「えんぴつフェイス画」です。どれくらい緻密かというと、髪の毛は一本一本描かれるくらいです!(現物をぜひ見にいらしてください)しかも、今回は来住邸での作品展が10年目という節目になられます。全くの独学で描き始められたそうですが、まるで写真のような出来映えです。観覧された方々からは、「写真よりも温かみを感じる」「まるで本人が目の前にいるみたい」との声が寄せられています。今回は約80点が展示されています。

misMasuda.jpg

増田さんの作品は、普段使いできる味わいのある器もあれば、玄関などに飾りたくなるアートなオブジェもあり、その多彩さも魅力です。今回は、「信楽の土から作られる創作陶器」や「色を付けてから彫る立体的なアート作品」が登場し、早くも話題を集めています。信楽といえば、この秋スタートした連続テレビ小説「スカーレット」の舞台ですよね。運が良ければ、信楽の土の話など、ご本人とお話もできるかも!気さくな方なのでぜひ。器のほうは、お皿、お茶碗、カップ、湯のみなど100点ほど出されています。

えんぴつフェイス画と陶芸を2本立てで楽しめますので、この機会にぜひお越しください(芋焼酎)

「お知らせ」ホームに戻る
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ