本文へジャンプ
外観写真 国登録有形文化財 旧来住家住宅
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ

旧来住家住宅からのお知らせ

2023年01月26日

谷口千穂作品展

期間 令和5年2月1日(水)〜15日(水)まで

2023-1-26-3.jpg


谷口さんは子どもの頃から花に触れることが大好きな方でした。
高校を卒業してからすぐに兵庫県丹波市にある造花店に勤め、
そこでプリザーブドフラワーやドライフラワーを6年間学ばれました。
しかし生花を学びたいと思い加古川市にある生花店で
5年間修業をされました。その後独立を目指すため、
退職し開業されています。

2023-1-26-2.jpg


独立をするも花屋の経営だけでは厳しく、家庭との両立もあり
パートを掛け持ちしながらの開業は大変だったそうです。
しかし2年間マイペースで地道にお仕事を続けられ、
現在はお店一本で頑張られています。


2023-1-26-1.jpg


谷口さんは地元が自然豊かな街だからこそ花を身近に感じ、
花遊び、花贈りができる花であふれるような街になってほしい
という想いを大切にされています。出身地である西脇市を中心とし
移動花屋として活動。内容は生花の販売、贈り物、季節の定期便、
子ども花育、お花教室、装飾など多種多様です。
お客様に寄り添い、四季を沢山感じて頂けるお花屋を目指されています。


2023-1-26-4.jpg

(芋焼酎)

2022年12月28日

佐々木由美子 鉛筆画展

20230106_sasaki.jpg
期間:1月6日(金)〜29日(日)

加東市在住の佐々木さんによる作品展。
5年前に鉛筆画の動画を見て以来、独学で描き続けてきたという作品は、近隣市での受賞歴も。

20230106_sasaki2.jpg

当初は5本の鉛筆だけで描かれていたそうですが、濃淡の表現をよりハッキリと出すために、現在では10Hから10Bまで22種類の鉛筆を使い分けておられるそう。
「影になる部分は6B以上を使って濃くしたり、澄んだ空は6H以下で薄く表現したりするのが楽しいです。動物の体毛一本一本の描き分けや遠近感など、大変なところはたくさんありますが、ひとりでコツコツと集中して描いてます。5年間の作品の変遷なども楽しんでいただければ嬉しいです。」と佐々木さん。

ポスターサイズの大きなものから書類サイズのものまで、20数点が展示されますのでぜひご覧ください。

(P)

2022年12月12日

西脇北高校 第11回東日本大震災現地ボランティア活動展

 日時:令和4年12月16日(金)〜12月27日㈫まで
  
今年は7月21日(木)〜24日(土)の三日間、東日本大震災の被災地を
訪問し語り部体験やボランティア活動を実施されました。
生徒32名のうち西脇北高校から15名、有馬高校から6名、三木東高校から10名、
琴ノ浦高校から1名が参加されました。引率教員の方は西脇北4名・有馬1名・
三木東1名・琴ノ浦1名で生徒を含めて39人でした。

2022-12-12-1.jpg

21日(木)出発式・写真撮影終了後、西脇市から福島県郡山市まで約11時間
の間バスで移動。これだけでも体力がいることで大変です。
22日(金)東日本大震災・原子力災害伝承館を約1時間見学。当時の写真や
資料を拝見、福島の原発事故について学ぶ。その後バスに乗車、双葉町を
周回しながらガイドの方に案内してもらいフィールドワークを行う。
帰宅困難区域のため住人はおらず、11年前のまま時間が止まっていたそうです。
石巻市に移動し株式会社みちさき トマト栽培のビニールハウスで約3時間かけて
掃除、津波の被害を受けた後に建てられた、ビニールハウスでトマト栽培のお手伝い。

2022-12-12-2.jpg

23日(土)は@大川小学校跡地・語り部伝承館を約1時間30分見学、数多くの児童が
亡くなった大川小学校跡地にて娘さんを亡くされた方から語り部を行ってもらいました。
そこで普段からの備えの大切さ、命を守る行動について学ぶ。
➁石巻市を一望できる日和山公園で、西脇北高教員が約30分語り部を行う。
B南浜祈念公園・津波伝承館を約1時間見学、語り部体験を行い津波の歴史を学ぶ
と共に、当時の様子や資料を見学しました。
CMEET門脇を約30分見学、津波の歴史を学ぶと共に当時の様子を、MEET門脇の
方から話をして頂きました。
D東松島市にある旧野蒜駅を約30分見学、当時の様子を施設の方に伺いました。
また当時のままの駅舎を残しておられ、見学もさせて頂きました。

2022-12-12-3.jpg


  
被災地でのすべてのスケジュールが終了しバスで移動、仙台市から西脇市へ。
23日(土)夜20時に出発し24日(日)朝8時15分到着しました。皆様本当に
おつかれさまでした。

(芋焼酎)

2022年11月25日

 〜心いやすさをり展 Part7〜

期間令和4年12月2日(金)〜12月14日(水)まで

旧来住家住宅の和室ギャラリーでは加東市在住の「工房育夢(こうぼういくむ)」
主宰・牧野紘子さんと生徒さん、そして牧野さんが参加されている
ボランティアメンバーの作品が展示されます。
2022-11-25-1.jpg

また蔵ギャラリー1Fでは加西市にある工房「ひらり」主宰・福田さん親子の作品、
2Fでは加東市在住の藤尾さん親子の作品がそれぞれ展示されます。
今回の作品数は、2021年春の倍で約200点となります。
そもそも「さをり」とは創始者である牧野さんの師匠「城みさを」さんの
「さを」と「織り」をかけて「さをり」と名付けられました。

2022-11-25-2.jpg
たて糸は「心」よこ糸は「愛」織り成すは「その人の美しさ」を根幹とされています。
牧野さんは「色で楽しみ、色で遊ぶ」こと、そして教えるのではなく生まれながらの
人それぞれの感性を引き出すことを大切にされています。
「さをり織り」は洋服から小物まで多種多様です。作る人の好みで色糸を選ぶので
「世界に1つだけのオリジナル作品」です。この機会にぜひ自分で作った作品を
大切な人にクリスマスプレゼントなど、いかがでしょうか。
展示品は即売セールも行っています。

2022-11-25-3.jpg

【ワークショップ】
機織り体験が期間中、毎日行われます。
自分好みのオリジナルマフラー(2m程)を作りませんか?
たて糸は牧野さんが準備をされていますので、自分の好きな
色のよこ糸を選びマフラー作製を楽しんでください。
材料費込2,000円。
予約制(三部制)となります。詳細はお問合せを。
рO795−22−5549(旧来住家住宅)まで
(芋焼酎)

2022年11月12日

和布と遊ぶ三人展

wabutoasobusannninnten1.jpg

期間:11月16日(水)〜30日(水)

三草中学校の同級生である小林裕美恵さん、大久保万里子さん、藤本千秋さん3人の作品展になります。
着物をリメイクした洋服や華やかな吊るし飾りなど約300点の作品が、ギャラリーいっぱいに並びます。

wabutoasobusannninnten2.jpg

「昨年から企画していたもののコロナ禍でなかなか作品展が出来ず、今回は念願の作品展になります。本当に開催できて嬉しい♪」
と喜ばれていました。
ぜひ、素敵な着物を使った作品の数々をお楽しみ下さい。
(め)
wabutoasobusannninnten3.jpg

wabutoasobusanninnten4.jpg

【お知らせ履歴】

2023年01月  2022年12月  2022年11月  2022年10月  2022年09月  2022年08月  2022年07月  2022年06月  2022年05月  2022年04月  2022年03月  2022年02月  2022年01月  2021年12月  2021年11月  2021年10月  2021年09月  2021年08月  2021年07月  2021年06月  2021年05月  2021年04月  2021年03月  2021年02月  2021年01月  2020年12月  2020年11月  2020年10月  2020年09月  2020年08月  2020年05月  2020年04月  2020年03月  2020年02月  2020年01月  2019年12月  2019年11月  2019年10月  2019年09月  2019年08月  2019年07月  2019年06月  2019年05月  2019年04月  2019年03月  2019年02月  2019年01月  2018年12月  2018年11月  2018年10月  2018年09月  2018年08月  2018年07月  2018年06月  2018年05月  2018年04月  2018年03月  2018年01月  2017年12月  2017年11月  2017年10月  2017年09月  2017年08月  2017年07月  2017年05月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2013年12月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年05月  2011年04月  2010年12月  2010年11月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年04月  2010年02月  2009年11月  2009年08月  2009年07月  2009年05月  2009年04月  2009年02月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年08月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2007年08月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年05月  2005年04月 
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ