本文へジャンプ
外観写真 国登録有形文化財 旧来住家住宅
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ

旧来住家住宅からのお知らせ

2019年11月01日

齋藤礼法きもの学院 帯結び展

期間:11月2日(土)〜14日(木)

s-1566803375561.jpg

齋藤礼法きもの学院(分院長齋藤真弓さん)の生徒さんによる帯結び展です。
振袖や訪問着、小紋などの着物に合わせた帯結びが約20点展示!
着物の柄や色に合わせ、様々な形に結ぶばれた帯によって、より華やかに上品な作品へと仕上がっています。
見事の一言につきる素晴らしい和の帯結びをぜひご覧下さい。

s-P1080389.jpg

11月3日(日・祝)13時30分から伝統文化親子教室発表会が旧来住住宅で開催されます。
小学1〜6年の親子12組28名が今までの練習の成果を発表します。
ぜひ、こちらもご覧下さい(^^♪

(め)

2019年10月17日

明石美術表装研究会 作品展

 2019年10月17日㈭〜31日㈭

掛軸表装とは裏打ちをした布地で、書画を掛軸に仕立てる伝統技術です。
その奥深い世界を研究する12名による約60点が展示されます。

2019-10-17-1.jpg


表装は表具とも言い、絵や書等の作品を掛軸以外にも屏風や和額に仕立て
たり、それらの古くなったものを仕立て直す仕事です。
掛物とは書や日本画を裂(きれ)や紙で表装し床の間などに掛けて
鑑賞するもので、旧来住家住宅にも飾られています。


2019-10-17-2.jpg


また研究会の沿革や会員名、掛軸の各部名称図のパネル解説もあります。
書画と表装が一体となった美しさをご鑑賞ください

(芋焼酎)


2019年10月02日

小林明美「えんぴつフェイス画展」/増田節子「陶彫・うつわ展」

2019年10月2日(水)〜14日(月)

多可町箸荷地区で活動されている画家の小林明美さんと陶芸家の増田節子さんが毎年同時開催されている作品展が今年もやってきました! 小林さんは母屋ギャラリーで、増田さんは蔵ギャラリーです。

misKobayashi.jpg

小林さんといえば、この緻密な「えんぴつフェイス画」です。どれくらい緻密かというと、髪の毛は一本一本描かれるくらいです!(現物をぜひ見にいらしてください)しかも、今回は来住邸での作品展が10年目という節目になられます。全くの独学で描き始められたそうですが、まるで写真のような出来映えです。観覧された方々からは、「写真よりも温かみを感じる」「まるで本人が目の前にいるみたい」との声が寄せられています。今回は約80点が展示されています。

misMasuda.jpg

増田さんの作品は、普段使いできる味わいのある器もあれば、玄関などに飾りたくなるアートなオブジェもあり、その多彩さも魅力です。今回は、「信楽の土から作られる創作陶器」や「色を付けてから彫る立体的なアート作品」が登場し、早くも話題を集めています。信楽といえば、この秋スタートした連続テレビ小説「スカーレット」の舞台ですよね。運が良ければ、信楽の土の話など、ご本人とお話もできるかも!気さくな方なのでぜひ。器のほうは、お皿、お茶碗、カップ、湯のみなど100点ほど出されています。

えんぴつフェイス画と陶芸を2本立てで楽しめますので、この機会にぜひお越しください(芋焼酎)

2019年09月16日

藤井清孝・藤井美佐子・村上康人 「三者三様展」

9月19日(木)〜29日(日)

黒田庄町喜多地区の3人仲間が趣味の作品を展示されます。

村上康人さんの木端仏は、一畳に約千体が階段上に置かれます。
190916sansha_01.jpg

藤井清孝さんの木工細工は、糸鋸で切り抜いた組木の動物作品などが30点。
190916sansha_02.jpg

藤井美佐子さんの手芸は浮世絵や武者人形、見返り美人など立体感のある手芸品が約40点置かれます。
190916sansha_03.jpg

三者三様、ジャンルも異なる作品をゆっくりとご覧ください。(芋焼酎)

2019年08月26日

和みの会 人形とちりめん展

9月1日(日)〜15日(日)


tirimen-2019-8-26.jpg

和みの会の皆様は美しい正絹の古い着物の生地を使い
人形や小物を作られます。今回メンバーは先生と15人の生徒さん。
うさぎ、たぬきの小物や大きいものでは鯉のぼりなど出店数は約40点。
いちょうや紅葉の上に人形が乗った作品は秋の気配を感じさせ、ほっこり
心を和ませます。(芋焼酎)

【お知らせ履歴】

2019年11月  2019年10月  2019年09月  2019年08月  2019年07月  2019年06月  2019年05月  2019年04月  2019年03月  2019年02月  2019年01月  2018年12月  2018年11月  2018年10月  2018年09月  2018年08月  2018年07月  2018年06月  2018年05月  2018年04月  2018年03月  2018年01月  2017年12月  2017年11月  2017年10月  2017年09月  2017年08月  2017年07月  2017年05月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2013年12月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年05月  2011年04月  2010年12月  2010年11月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年04月  2010年02月  2009年11月  2009年08月  2009年07月  2009年05月  2009年04月  2009年02月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年08月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2007年08月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年05月  2005年04月 
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ