本文へジャンプ
外観写真 国登録有形文化財 旧来住家住宅
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ

旧来住家住宅からのお知らせ

2018年05月07日

“おめでとう” “ありがとう” みんなで祝う色紙展

5月17日(木)〜31日(木)

「書」を通して地域の創生に取り組んでおられる
兵庫東条 上田桑鳩(うえだ・そうきゅう)顕彰会さんが
今年築100年を迎えた旧来住家住宅への「お祝い色紙」を大募集!

旧来住家住宅での思い出を持つ様々な方から
「おめでとう」「祝!百歳!」「ありがとう」など
それぞれの思いを書や絵など自由な方法で表した色紙が
たくさん集まりました!

その枚数は・・・100枚!
といいたいところですが、何枚集まったのでしょうか?
展示初日のお楽しみですね(^^)
一枚、一枚、とっても個性的ですので
色紙を書いた人も、書いてない人もお楽しみいただけるはずです。

180507_02.jpg 180517_01.jpg
180507_03.jpg 180507_04.jpg

また、上田桑鳩の「没後50年展」も同時開催されます。
上田桑鳩(明治32年〜昭和43年)は三木市出身の書道家で、
「書の新時代を拓いた前衛書道の巨匠」として知られる人物です。
日本経済新聞の題字を手掛けた人としてご存じの方も多いのではないでしょうか。
地域が誇る名書家の作品を観覧できる絶好の機会です。
ぜひお越し下さいね。

180507_05.png
(日本経済新聞HPより抜粋)

なお、5月27日(日)は旧来住家住宅とその周辺で
播州織の生地マルシェ「播博(ばんぱく)」が開催され、
イベント当日は大変混雑することが予想されます。
ゆっくりとご覧になりたい方は別の日に、
イベントも見てみたいという方はその当日に
どちらもお気を付けてご来場くださいませ。
お越しをお待ちしております(^^)
(は)

「お知らせ」ホームに戻る
ホーム お知らせ 施設のご案内 施設の地図 お問い合わせ